美濃加茂市の注文住宅なら|良質の柱で造る家、水川建設

水川建設 株式会社
ZEH普及目標と実績
2020年度 2025年度
実績 普及目標
0% 100%

和風住宅の豆知識 茶室

2020年04月22日

 

和風住宅の豆知識

 

 

今回は、茶室についてです。

 

 

歴史

 

 

茶の湯は鎌倉時代に禅宗とともに中国より伝わったとされます。

 

室町時代には唐物を飾った書院の広間に点茶所で

 

点てた茶を運ぶ、書院茶と呼ばれる形式の

 

茶会が催されていました。

 

室町時代中期になると、この茶の湯に

 

禅の精神性を加えて簡素な侘茶の祖となった

 

村田珠光が四畳半の茶室を造り

 

武野紹鴎を経て、千利休が草庵茶室を完成させます。

 

利休が考案した躙口(にじりぐち)、下地窓や連子窓

 

台目畳、露地などは、以後の茶室に継承されていきます。

 

サンプル画像

 

 

 

現代

 

 

現代は茶道の大衆化時代ともいえます。

 

各家元の教室からカルチャーセンターまで

 

学ぶ場は多く、点茶に親しみを持つ人も増えています。

 

一般住宅に茶室を設ける例は少なくないのですが

 

それでも、座敷に炉を切ったり、風炉を置いたり

 

茶事を行う例もみられます。

 

 

↑茶室として利用できるように設計された和室です。

 

 

最近の住宅では和室が無い場合もあります。

 

茶会に参加して茶室での茶事に触れ

 

家ではリビングのテーブルで茶を点てて

 

人をもてなすというのも現代的な

 

茶の湯の楽しみ方です。