美濃加茂市の注文住宅なら|良質の柱で造る家、水川建設

水川建設 株式会社

和風住宅の豆知識 畳

 

和風住宅の豆知識  

 

 

今回は畳についてです。

 

 

歴史

 

日本の文化には、中国から渡ってきたものも多いのですが

 

畳は日本固有の敷物です。

 

その歴史は奈良時代の「古事記」や「日本書紀」によると

 

さまざまな素材の敷物は全ての畳と呼ばれていたようです。

 

そして、現在の畳に似た構造になったのは

 

平安時代になってからで、その使い方は

 

床に置いて寝具として使うという使い方だったようです。

 

その後は、貴族や武士の間で利用されていましたが

 

庶民が使用できるようになったのは、江戸中期以降のことです。

 

 

 

 

 

現代

 

畳に座って暮らすのが当たり前だった

 

日本人の生活が大きく変わったのは

 

戦後の公団住宅が採り入れたダイニングキッチンの

 

生活様式が大きいと言われています。

 

フローリングが広く普及し、洋式の生活に慣れると

 

畳の部屋はどんどん減っていきました。

 

ところが最近では

 

フローリングがもつデメリットを減らすため

 

フローリングの上に置くだけの置き畳や琉球畳など

 

和と洋の融合をさせた設計も多くみられるようになっています。